山と温泉

浅間山(前掛山)に車坂峠から登ってみた。

浅間山の本当の山頂は噴火の危険があるので立ち入り禁止になっているので山頂ではないですが、その外にある前掛山(2524m)まで登れるようになっています、ここもつい最近まで立ち入り禁止だったそうなんですが、今年の8月に2年振りの規制解除となり登れるようになりました。

車坂峠登山口(4:03)

浅間山へは浅間山荘から登るルートと車坂峠(ビジターセンター)から登るルートの2つありますが、標高の高い車坂峠から行くことに、駐車場には3時30頃到着したんですが、すでにほぼ満車状態、かろうじてラスト数台にすべりこみ、混んでいるとは聞いていたんですけどね、まさかこんなに凄いとは・・

まっくらで何も映ってませんが、ここから表ルートと中ルートを選ぶことが出来ます、まずは表から行くことに

槍ヶ鞘(5:09)写真ではまったく伝わらないですが、景色スゲーとこ、浅間山もくっきり見えます


トーミの頭到着、目の前の山が浅間山、すごい絶景です、ここだけでも来る価値ありですよ

トーミから少しいくとある分帰路ここからの景色もスゴイです

登山道の途中かから、浅間山向こうに太陽があって、なんともいえない迫力があります。


湯の平口までの下り坂、一見大したことないのような山道にみえますがすっごい坂道なんですよここ、恐怖を感じるくらい、しかも道幅30㎝くらいしかないところも多数あって踏み外したら間違いなく大ケガ・・・ですめばラッキーレベル、濡れてたら絶対に降りたくないですわ


湯の平口(06:02)、浅間山荘からの登山口の合流地点、火山館&シェルターまで徒歩4分となってました、活火山だな~ということを認識、「自己責任で登山しろ」とのお達しが火山館は寄ってみたい気もしますがスルーしました。


見上げるとトーミの頭が見えました・・・よく下りてきた


次の分帰路(賽の河原)までは、こんな感じの林間コース、歩きやすい快適な道が続きます


賽の河原への分岐(06:19)ただひたすらに快適な道でした

山頂(前掛山)まで2Kmとのこと、がんばろう

ここから山頂近くまでのあ、あり写真ありません、というのは、先ほどの快適の道が豹変!厳しい山道に、登るほどに木立も減り、最後は火星のような感じの砂利道と飛ばされそうな横風で超寒い、防寒具必須でした。


登山道から見た鋸岳、景色は最高、ただ帰りにあの上を歩くのかと思うと・・・浅間山の影がくっきり


山頂近くのシェルター付近から、左上が山頂でとにかく凄い風景のとこ


前掛山到着(7:25)、本当の山頂は写真の向こう、富士山の宝永山火口ににた雰囲気かな、ただ富士山でいうと大体5合~6合目の高さなので浅間山の雄大な大きさも感じつつも、さらに大きい富士山の大きさを感じてしまいました。


山頂よりシェルター、写真の真ん中あたりに白い点でシェルターが写ってます、けっこう遠いわ


下りは元気になったんで登山道をパチリ、真ん中に人が写ってますね、レキだらけの道で歩きにくい、向こうに見える山々の尾根を歩かないと帰れないと思うとはぁ・・・

468
今からこれを登るのか・・・・

474
登山道わかります?まぁ、とにかくあの壁みたいなところを登らないといけないわけです


尾根まであと一息、めちゃくちゃキツイ、画面の中央に人(点)がいるんですが、岩場の道を通っていきます、道が怖い、落ちたら100%逝ける保証付き

とにかく岩を登っていく、その先には人影が、目指せ人影

仙人岳?と思ったら、ただのピークかよ・・・ツライ

あそこが仙人岳か!

っく・・違った・・あの向こうに見えるのがそう・・・らしい

仙人岳(9:25)・・・やっと着いた、もうバテバテです。

504
仙人岳から蛇骨岳方面、蛇骨岳までは岩場の道が続いてますが、岩場から硬い土の道になった感じで歩きやすいです、で、すぎると林の道に突入して、今度は木や草が覆いかぶさってくるような感じになって岩場の道とは全く違う様相、道には水たまりとかもあって靴がドロドロになってしまいました。


トーミの頭(10:26)、見えるのはたぶん八ヶ岳ですね、中コースからから帰るとしましょう。

中コースについて
写真はありません、基本的には林の中の緩い傾斜の道、ちょっとぬかるんでいる個所もありますが、表コースと比べるとかなり歩きやすい道で、自然公園の中の道という感じでした、トーミの頭まで表コースより、300mくらい短い、キツイ傾斜が少ない、アップダウンも少ない、標高差も100m以上少ないと思います。

登山口へ(11:09)なんか人がワラワラいます、車が路駐だらけでした

浅間山の感想

思った以上にキツイ傾斜が多い、火山の道は登りにくいし降りにくい、想像以上に体力を消耗、中年には堪えます、ぶっちゃけ後半はバテバテでした、風が強くて場所によっては恐怖を感じるほどだったのと、汗が冷えて凍えそうなくらい寒かった、これも体力が消耗した原因だと思います、防寒というか防風具は必須かもしれませんね。

先週の四阿山の3倍くらい疲れた感じ・・・・

ただ、登山道そものは、行のトーミの頭から蛇骨岳まで、絶景の連続、どの方向を見ても「素晴らしい」という言葉が出ます。

山頂からの景色は言うまでもないですが、Jバンドがある鋸岳~黒斑山までは絶景しかない状態が続きます、正直言って山頂に登らなくても十分楽しめる気もしないでない。

浅間山、さすが100名山、文句なし、疲れたけど大満足の山、富士山より景観良い気がします。

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 山と温泉

    賤ヶ岳のハイキング

    賤ヶ岳は、滋賀県長浜市にある標高421mの低山、山の北側に余呉湖、南側…

  2. 山と温泉

    大東温泉シートピアの外観は南国風、中はそうでもないかも

    大東温泉シートピアここは「温泉シールラリーゆらん」に参加している天…

  3. 山と温泉

    黒岳・越前岳に登りましたPart.2:愛鷹山荘~黒岳

    愛鷹山荘山神社から黒岳を向かう途中には、愛鷹山荘という山小屋件・避…

  4. 山と温泉

    竜爪山は穂積神社から登ったらプチハイキングだった

    静岡市の竜爪山(りゅうそうざん)に、穂積神社から登ってきました。…

  5. 山と温泉

    田代の郷温泉 伊太和里の湯は、温めのお湯で長時間入浴型(静岡県)

    田代の郷温泉 伊太和里の湯田代温泉 伊太和里の湯(いたわりのゆ)は…

  6. 瑞牆山・無料駐車場

    山と温泉

    瑞牆山登りました・みずがき山荘の奥にある市営無料駐車場は広い

    夏休みに日本百名山に瑞牆山に登ってみました、瑞牆山から見る風景たぶんキ…

最近の記事

  1. 電気製品

    SONY ステレオヘッドホン MDR-AS200/L買いました
  2. コンタクト関連

    ピュアナチュラルワンデーを使ってみた
  3. 山と温泉

    桜ヶ池クアガーデンは、洋風の綺麗な建物にあるお風呂でした
  4. 山と温泉

    すその美人の湯 ヘルシーパーク裾野は、冬のほうが景色が綺麗かも-静岡県
  5. 山と温泉

    ゆ~ゆうランド花椿は、山あいの里にある民芸調の造りが印象的な日帰り温泉でした
PAGE TOP