四阿山に鳥居峠から登ってみた

スポンサーリンク
登山

百名山の四阿山(2,354m)に鳥居峠から登ってみました、前情報では結構駐車場が混むという話、登山口のある林道終点ロータリーから片道3.7km 登り2時間55分だそうです。

林道入口:鳥居峠から林道へ入ります、駐車場までは2~3kmくらいありましたが、かなり手の入った林道で、普通の砂利道ですね、走りやすいですよ、ちょっと狭いですが、まぁ林道なんてこんなものなので、とても良い道と言っていいと思います。(写真は帰りに撮りました)

鳥居峠、林道終点ロータリー:時刻は5時10分、駐車している車は2台のみで前情報だと結構混んでるみたいなことを聞いてたんですが、早朝はいないのかもしれないですね


トイレ募金箱(左)的岩経由、登山道(中央)登山道届け&マップ(右)

鳥居峠林道終点トイレ
トイレは清掃はされている感じですが、毎日清掃されているとかのレベルではなさそうですね、トイレの維持・管理鵜の為の募金BOXっぽいのが登山道入り口にあります。


登り始めは両脇が笹に覆われ道でした、笹はちゃんと刈り取ってあって、かなり手の入った歩きやすい登山道です。


登山道の横は見事な植林地帯に、杉と杉の間には白樺が植えてあるのはなぜなんだろ


的岩方面と四阿山への分岐:もっとも的岩までは10~20mしかないので、ここからハッキリみえます。

0390
的岩です、大したことなさそうに映ってますが、中央の穴には大人が中腰でくぐれるくらいの大きさ、風が吹き抜けてきて寒かったっす


的岩説明文

0396
コメツガ原生林:原生林をすぎると、登山道が広くなって、何か所も登れるような感じの所になりました、メインとなりそうなところはロープが張ってあってるので、ロープに沿って登るのが良さそうです。


休憩所:この登山道で唯一の休憩所、ここでもう片方からくるルートと合流していました。

休憩所と内部はこんな感じ、小ぶりの雨なら程度ならしのげそう、結構、年季が入ってい痛んでる感じもする


祠が時々ありました、山道に祠があるのは珍しくないとは思いますが、標高2000m超えてますからね、けっこう数があるみたいなんですが、調べてもちょっと分かりませんでした。


画像だと、難所か! のように見えますが、見た目によらずしっかり整備されているのでサクサク登れちゃいます、それにしてもガスがすごくて景色がまったくないです


横向くとこんな感じ


階段が設置されているんですが・・・濡れていて滑りまくりでかなり危険

426
アイゼンでもはかないと降りれないほど滑ります、滑り具合、階段は歩かず、横をソロソロと歩いていきましたよ、今回の一番の難所と言っていいでしょう、基本は階段なんで、一度滑ったら下まで行くかもしれない・・・超危険


嬬恋清水、100mほど行くとあるとのことですが、道はどう見ても急な下り、帰り道に寄れたら寄る事にします。


山頂まで残り300m


山頂まで残り200m、菅平牧場方面からの登山道と合流します。

山頂手前の祠


四阿山山頂:山頂はそんなに広くありません、10~20人もいたら一杯になりそう、山頂ちょっと手前にも大きな祠があって、そっちでも10人くらいは休めそうです。


山頂にも祠があって、文字が書いてある小石がありました、達筆ですな。

0
山頂についた時は雲が多くて見晴らしがイマイチでしたが、1時間粘ったところでなんとか浅間山?を写せました。


嬬恋清水、帰りに寄ってみたんですが、100mで20mくらい下りるハメに、けっこうキツイ、湧き水はかなり冷たいです、顔を洗うと超気持ちイイ、でも登山道へ復帰するのに激しい登り道で爽快感は吹き飛びましたよ


駐車場まで帰ってきました、時計は9:36。
なんかガラガラです・・・情報が違う
で、下りはもう一つのコースを行く予定でしたが、笹や草が登山道に覆いかぶさっている、という情報を山頂で得たので止めて、登りと同じルートをピストンに

 

四阿山マトメ

今回、山頂はガスが掛かってしまい景観がイマイチでしたが、時折見える雲の切れ間からは、絶景が容易に想像できます。
ほぼ360度のパノラマで、遠くには富士山らしきものも見えました、雲が少ない天気の良い日に登りたかったですね。

登山道の的岩からは、ほとんど尾根を歩く感じなので、風がけっこう強くてちょっと寒かったですね、それから、湧き水くらいまで、景観のない退屈な登山道ですが、子連れでも安心して登れる歩きやすい整備の行き届いた登山道でもありますので、シニアの体力作りにいいかも

機会があれば、今度は雲のない時に登ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました