鳥取県の大山登りました、短いけどキツイです、雨で写真ありません

スポンサーリンク
登山

中国地方唯一の百名山、鳥取県の「大山」に子供と一緒に登ってきました、登山というより整備されたハイキングコースでしたけど傾斜がきついです。

大山の登山道は靴底がデコボコしたスニーカーなら登れそうなくらい整備されています、大きな森林公園内にあるような木の階段が多く、6合目から上になると石の道になるという感じです。

(画像はイメージ)

石の道と言っても岩場があるわけでもなく、当然、鎖場はもちろん手を使わないと登れない個所どころか、大きな段差すらありませんから、一般的な登山道に比べれば難所はないも同然の登山道です、

ゆえ登山道に関しては心配はいらないと思いますが、舐めてはいけません、僅か3Kmで標高差1,000mは、なかなかのキツさで体力はそれなりに必要です。

6合目から岩の道を登ると9合目に↓

ご褒美じゃないですけど、すごくいい感じの道が出現します、自然保護のための木製の道(橋)なんですが、これが山頂まで500mも続いているんですよね、山頂にこの道は驚きました、傾斜もここだけは緩くなっていくぶん楽になります、雲ってなければな~

山頂避難小屋(売店あり)

山頂です

あと低山なんで、暑かった、雲っていたけど暑かったです、春と秋の山かなぁ~なんて思いました

それから雨が降ってきたので写真ありません。

 

大山はかなりの観光地で駐車場の周りにもお土産屋がありました、自販機も豊富、ただし、周辺にはお店がないので、飲食物は大山に入る前の下界で準備したほうが良さそうです、大山山麓に入るとコンビニもなさそうな感じでした。

大山夏山コース

コメント

タイトルとURLをコピーしました