日帰り温泉

黒岳・越前岳に登りましたPart.3:越前岳~呼子岳~割石峠~GOAL

黒岳から越前岳、割石峠経由、GOALまでです、普段の運動不足がタタってけっこうキツイ山登りになってしまいました、黒岳から越前岳よりも、その先のコースのほうが急な下り坂が多くて大変でした。

越前岳まであと1.5kmの看板

富士見峠から約1km進んできた場所になります、看板を見て正直ショック…また1.5kmもあるのかとガックシ、登山道は狭くて大きな溝みたいなったところも多いです。

DSCF2475

越前岳(1504m)

あ~つかれた~、という感じで越前岳山頂へ到着、山頂はベンチが幾つかあって、広くはないですが休憩するスペースは十分あります、山頂だけあって10人くらい人がいました、なぜかカップラーメンを作って食べている人が多かったですね、富士山は頭のほうがちょこっと見える感じです、冬なら綺麗かもしれないです。

DSCF2491

呼子岳(1313m)

越前岳から、ほぼ降りるだけ(最後チョト登る)といった山道でしたが、メタボおじさんのとみゆう’には、かなりの急坂で段差が大きくてけっこうキツイ下りで大変でした。

呼子岳山頂のお地蔵さんの足元、「やっぱり日本人ていいなぁ~」って思いますね、ホント。 それにしても暖かそうなフードをかぶったおじぞうさん、かわいい。

DSCF2498

割石峠

この写真だけみると、なんじゃこりゃ?ッて感じなんですが、実物はなかなかスゴイものがありますよ、晴れたいい日には海まで見えるそうな、ここを登って来る人もいるらしいとの事…凄すぎ

DSCF2501

下山道(大沢爆裂火口)

割石峠からの下山道なんですが、かなりの距離がこんな感じで大きな石がゴロゴロしている感じのとこです、尖っている石も多いので、もう歩きにくいのなんのって、なんでこんな沢っぽいトコを登山道にしているのかな~っと疑問に思いました、頭ぐらいの大きさの石でも平気で浮いているので、グラっとくることがあります。

勾配もきつく下るのが大変なんですが、どうもココは、ただの沢ではなくて爆裂火口という噴火口の跡らしいですね、なるほど景観がスゴイわけだ、まぁ、とにかく下の写真みたいなとこを黙々と歩いて下山してゴールを目指します、割石峠から4.5km下るとSTART地点の駐車場に戻れます。

DSCF2507

黒岳・越前岳に登ってみて

日頃から、山登りしている人には大したことない山に思えるかもしれませんが、久々に登ったとみゆう’は、かなり大変、いろんな本を読むと初心者向けの山にんなっていますが、まったく山に登ったことのない人にはちょっとオススメしませんね。

それから、越前岳⇔黒岳はけっこう人がいたんですが、越前岳⇒石割峠は人が少なくなっていましたし、コースも少し大変で景観がなにもないので、景観を見たい人には楽しくないかもしれません

黒岳・越前岳は、富士山が雪を被った時に登ってみたいと思いました。

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 日帰り温泉

    長久手温泉 ござらっせは、リゾートっぽい大きな温泉だった

    長久手温泉 ござらっせは「2016年の温泉シールラリーゆらん」の参加温…

  2. 日帰り温泉

    さがら子生れ温泉、建物の割にお風呂がちょっと小さめでした(静岡県)

    さがら子生れ温泉さがら子生れ温泉は、「温泉シールラリーゆらん」に参…

  3. 日帰り温泉

    おんぽいの湯は、入口狭いが中は広い、お風呂は雰囲気良くて好みです!(岐阜県)

    おんぽいの湯 外観など おんぽいの湯は「温泉シールラリーゆらん」に…

  4. 日帰り温泉

    ゆ~ゆうランド花椿は、山あいの里にある民芸調の造りが印象的な日帰り温泉でした

    ゆ~ゆうランド花椿は、富山県南砺市井口にある天然温泉で「2016年の温…

  5. 日帰り温泉

    国民宿舎 五箇山荘は、「ちょっと立ち寄り」的な温泉でした。

    五箇山温泉 国民宿舎 五箇山荘は、富山県南砺市田向にある天然温泉で「2…

  6. 日帰り温泉

    御胎内温泉は、富士山に来たら入浴していきたい温泉です。静岡県

    御胎内温泉(おたいないおんせん)は、温泉シールラリーゆらんNo88の日…

最近の記事

  1. 原尻の滝1
  2. 知覧-戦闘機
  3. 開聞岳ルート
  1. 生活品

    激安カーエアコンフィルターでも快適
  2. 原尻の滝1

    観光地

    豊後大野市の原尻の滝はダイナミック、一度は見ておきたい滝でした。
  3. とみゆう

    君の名は。見るならスクリーンが近いほうがいい
  4. コンタクト

    (4)瞳孔間距離(PD)を選べるところで買おう
  5. 大菩薩嶺

    登山

    大菩薩嶺の駐車場と登山道情報
PAGE TOP