大峰山(八経ヶ岳)は、登山者が多い歩きごたえ満点だった

スポンサーリンク
登山

紀伊半島の100名山「大峰山」に行者トンネル西口駐車場から往復しました。大峰山は世界遺産のある大峯山寺のある山上ヶ岳と大峰山脈全体のことだそうです、ただ大峯山寺がある山上ヶ岳は、21世紀の今も「女人禁制」の山で女性が立ち入ることが許されていません。
そういったことから、傍にある八経ヶ岳が紀伊半島最高峰であって、百名山に登録されているそうです。

行者トンネル西口駐車場

朝6:00に到着、すでに駐車場にはかなりの数の車があります、登山口の手前200mくらいから林道沿いに1台づつ駐車スペースが並んでたんですがギッチリ詰まっていて、奥へ奥へと係りの人がいて誘導、結局トンネル手前まで誘導されて、「やべ満車?」と焦ったんですが、登山道すぐのところに2~3台とめれるところがあって、そこに駐車できました、今回ツイテル、ちなみにトンネル手前には大体30台くらいとめられそうな駐車場と小屋があります。

弥山登山口


登山届を出せるようです、正直出している人は少ないような感じですね、まぁ、これだけ周りに人がいるとそう思う気持ちもわかります。

登山道は今回省略、いろんな人がUPしてますし、あんまり見どころはないかな~

弥山(1895m)

弥小屋(裏)


弥生山の山小屋でかなりの大きさがあります、トイレ(100円)もあって清掃が完璧に行き届いていて落ち着けますわ(笑)
小屋の周りはかなり広くてベンチなども複数あります、食事や休憩に最適、表側の写真撮り忘れてた

写真、左の建物が避難小屋で中央の下は倉庫ぽいんですが、その上にある建物なんだろ?

八経ヶ岳:1914m

八経ヶ岳
山頂は広くなくて、10m四方程度の岩場でした、風が強かったです。

360度の大パノラマです、すごく遠くに海が見えました、さすがは最高峰といった感じ

大峰山マトメ

八経ヶ岳山頂までの登山道は、けっこう傾斜のキツイところが多い感じで、特に登りだしてからすぐが一番大変な感じです、勾配は急ですが鎖場とかはありません。
シーズン中の土日は登山者も多く、小学校の中学年くらいからなら十分登れそうな感じです、ただ低学年だと段差がきついところがあって大変かもかも、日中の登山は日当たりが良いのでかなり暑いかも、登るなら涼しい朝の時間帯からがよさそうです。
あと、紀伊半島のもう一つの百名山の「大台ケ原」と比べるとかなりハードだと思います、距離は短いですが「登山」という感じは十分、体にガツンと来るような山登りを求めるなら八経ヶ岳、みんなで楽しくワイワイハイキングなら大台ケ原という印象でした。

[map lat=”34.189490″ lng=”135.936704″]弥山登山口[/map]

コメント

タイトルとURLをコピーしました