保守系

レーダー照射問題が普通じゃない件

政治ネタとか基本やるつもりなかったんだけど、韓国が昨年末にやったレーダー照射、どんどんこじれて大問題、あれだけ証拠映像が出ているのにも関わらず否定するって、もう、普通じゃないです

レーダー照射がわからない人へ

レーダー照射はゲームのロックオンと同じ、攻撃するために的に武器の標準を合わせた状態のこと。

あとはボタンを押せばミサイルが飛んでいって相手を攻撃破壊します、ゲームだと「ピピピピピーーー」みたいな感じになる事が多い、ロックオンサウンドモーション集て動画をみるとわかると思う、

まだみてもわからない人は、

こういうことだと思ってくれ

即、殺せるたり大ケガさせる事ができるわけ。

海上自衛隊のパイロットはそら恐ろしかったと思いますが、実に冷静な対処だったそうです。

レーダー照射は海自と空自で認識が違うみたい

レーダー照射、ロックオンは、航空自衛隊(他国なら空軍)と海上自衛隊では違うらしいとうこともわかりました。

航空自衛隊の飛行機(戦闘機)の場合、ロックオンをすると相手との距離や速度などを正確に図ることができるので、その結果、より安全な危険回避が出来るようになるので、ロックオンすることは珍しいことではないそうです。

一報、海上自衛隊(他国なら海軍)の場合は、ロックオン自体が危険な行為なので止めましょうという国際ルール”CUES(キューズ:海上衝突回避規範)”によって禁止行為とされています。

こういった事を1月14日の虎ノ門ニュースでゲストの織田邦夫氏(航空自衛隊元空将)が詳しく説明しています。
(27分くらい)

今回の韓国のロックオンは、あきらかにCUES無視で日本が避難される理由は何もないどころか、とても危険な行為なので絶対してはいけないと強く話されていました。

ちなみにこのロックオンの件で、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が、
”ロックオンなんてしょっちゅうやってるから珍しくない”と発言しプチ炎上したそうですが、田母神氏は航空自衛隊のことだと思っての発言だったそうで、勘違いしていたそうです・・・何と言っていいのやら。

あと、日本側の公開動画では砲台の向きを確認しているシーンがあるんですけど、哨戒機と船の距離が近いのでミサイル攻撃でなく砲撃での射撃という可能性があったので、砲台の向きを確認していたらしいですね。

最初見たときは、「確認する暇あるなら逃げてぇ~~!」とか思ったんですが、冷静でなかったのは、とみゆう’だったようです。

ところで韓国・北朝鮮はナニしてたの?

レーダー照射ばかりが取り正されていますが、問題の一つに”韓国と北朝鮮なんでそんなとこにいたのデスカ?”という事ではないでしょうか?

政府もマスコミも”レーダー照射”ばかり焦点をあてて、あえてこのことから話をそらしているように思えるのですよ。

一部の識者の中には”セドリ”という意見もあるようですね

とみゆうは、本当に救助していたのだと思っています、ただ、韓国の護衛艦と韓国海上警察は、北朝鮮漁船を救助という名で漁に必要な燃料や物資の補給をしていたのではないでしょうか。

なぜなら韓国側で公開した、まったく意味のないヘッポコ動画の47秒に北朝鮮漁船が写っているんですが、この漁船はセドリをするのには、あまりにショボすぎ、ポンコツでしょう、むしろあんな船で能登半島沖まで来たものだと感心するしだい。

ヘッポコ動画↓


韓国は、北朝鮮の漁船の猟を保護するために、韓国海軍と韓国海上警察は、常にそばに待機しているんじゃないでしょうか、もちろん北朝鮮への制裁決議違反をかわす為、北の漁船を助ける為

まぁ、救助するのも助けるのも猟をするのも良いけど、どうか自分領海でやってくれと切にお願いしたいところです。

あと、忘れ去られそうな件で、韓国に盗まれた対馬の仏像は一体どうなったのか、とっても気になっています。

これって100%犯罪で向こうの政府も認めていることなのに、何もしないのだろうか
和尚さんは一方的な泣き寝入りしかなさそう、日本政府はこういうのも何とかすべき、盗んだもの勝ちなのか

取り返しにいけ!

津島仏像盗難事件

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. とみゆう

    いまこそ韓国に謝ろう【百田尚樹】・・・韓国すごすぎ、日本人には実行不可能

    いまこそ韓国に謝ろう ~そしてさらばと言おう~日韓併合時に日本政府…

最近の記事

  1. 中田島砂丘入口
  2. 遠州灘海浜公園-マップ
  1. 生活品

    楽天カード作ってスーパーポイント貰いました
  2. 日帰り温泉

    天然温泉 めぐみの湯は、塩分のとても濃い温泉でした
  3. 観光地

    蘇洞門(そとも)の遊覧船は乗る価値アリ:福井県
  4. 登山

    浅間山(前掛山)に車坂峠から登ってみた。
  5. コンタクト

    (5)パッド(鼻に当たる部分)が、あるのを選んでます
PAGE TOP