山と温泉

阿南温泉 かじかの湯の内湯は超大きい、お湯も超ヌルヌル、ヌルヌル好きは大満足

阿南温泉 かじかの湯は、「温泉シールラリーゆらん」に参加している天然温泉で施設ナンバー111の温泉です。

ゆらんによると、阿南温泉 かじかの湯は・・・

心癒す山間の秘湯
南信州の大自然を堪能しながら、自慢のつるつるで抜群の泉質をゆったりとお楽しみください。露天風呂から眺める南アルプスの山並みが門原大橋とマッチして四季折々の彩りを醸し出します。長野県下最大規模を誇る男女大浴場をはじめ、サウナ、低温浴が日頃の疲れを癒します。また、陶芸体験やキャンプ場、コテージ、農産物販売所や食事処「かじか亭」など、長野県内最大規模の設備となっており一日楽しめます。

ゆらんでは、こんな感じの紹介になっていて、実際行くと「ほんとにそのとおり」です、ただ長野県最大?かどうかは、確かめたことがないのでわかりませんが、地方の日帰り温泉にありがちな「道沿いに温泉がポツンとある」とか「道の駅の一部を間借りして…」なんてショボイ施設ではありません。

駐車場

かじかの湯の建物の目の前には20台以上とめられそうな駐車場があります、ここに駐めるのがベストですが、そこに行く前に第二駐車場があります、こちらに駐めてしまうと少し歩くことになりそうです。

下駄箱と入浴券

下駄箱は「鍵なし下駄箱」で、まるで学校の下駄箱のようです、普段は鍵付きの所ばかりなので、「靴持っていかれないか?」とか、思ってしまいましたが、靴泥棒なんて最近あんまり聞いたことないですね、さて肝心の入浴券は受付で購入します、受付横が温泉入口なので番台の役目もしているようです。

脱衣所とロッカー

脱衣場はそんなに大きくありません、脱衣所には無料の鍵付きロッカーと脱衣カゴがあります、宿泊施設もある温泉ですから手ぶらで来る人もいるんですね、洗面台にはドライヤーがありました。

洗い場

日帰り温泉入浴施設 かじかの湯

横一列で10席くらい並んでます、ひとつひとつの間隔は普通ですが狭くはありません、が、小さい子どもと一緒だと気を使うかも、ボディーソープとリンスINシャンプーが備わっていました

お風呂 内湯3 外湯1

kajikanoyu-2

かじかの湯の特徴は、なんといっても巨大な内湯ですね、これは風呂というより子供用プールというほうが正しいかも、うちの子がいたら100%泳ぎだしそう、もちろんブロックしますが、まぁそれくらい広いです、小学校低学年以下ならきっとプールにしか見えないかもしれません、それに反して、外湯(露天風呂)は狭いですねぇ~4畳半ないよ、内湯100点、外湯20点て感じ

温泉の泉質

● 泉質/アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
● 知覚的な特徴/ほとんど無色澄明、微硫化水素臭を有す
● 溶存物質/0.1973g/kg ●湧出量/300ℓ/分
pH値/10.2 ●源泉温度/31.8℃
● 飲用/不可

pH値/10.2とかなりアルカリ性バリバリな温泉なんで、お湯に浸かるとヌルヌルです、カラダを洗い忘れたか?っと思うくらいヌルヌルきます、ちなみにpH値/10以上が「強アルカリ性温泉」だそうで、けっこう貴重な温泉らしいですね、お湯の温度が全体的に高めでした、やっぱり真冬なんで暑くしているのかな~、うちの子には厳しいかも

阿南温泉 かじかの湯は子供でも大丈夫?

洗い場も内湯も広いですから、子連れで行きたい温泉です、大きなお風呂が好きな子供なら、巨大な内湯を見ただけで大喜びしそう、ただ、お湯がちょっと暑かった感じなので、のぼせないように気をつけてあげないといけないかも、それ以外は全然OKですね、人が多いと洗い場はちょっと大変かもしれないですが、お風呂は広いので、よほど混雑しないかぎりゆったり湯につかれると思います。

阿南温泉 かじかの湯

● 入館料/大人(中学生以上)500円 子供(3歳以上小学生まで)200円
● 定休日/毎週水曜日 (祝日の場合は営業)
● 営業時間/10:00〜21:00 (最終受付20:30まで)





 

阿南温泉 かじかの湯 和食処かじか亭(おまけレポート)

温泉に隣接している「和食処 かじか亭」、駐車場外からも温泉施設からも行くことができます。

このかじか亭の名物は「十割そば」、おそば・そばつゆともに自家製とのこと、店に入ってさっそく、ざるそば(850円)を注文、150円UPで大盛りになるらしいので、当然、大盛りにジャスト1000円(税込み)でした。

kajika-soba

一見たいしたことないように見えますが、とみゆう’の地元ではあり得ないボリューム、正直、ざるそばって大盛りを地元で頼んでも「これで大盛り?」っていうくらい量が少ない店が多いんだけど、ここは流石に自慢するだけあって量がすごいですわ、ひさしぶりに「そばだけでお腹が一杯^^」天そばにするなら、大盛りじゃない無いほうがいいですね。

 

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 山と温泉

    美ヶ原自然保護センター駐車場はけっこう穴場?

    今回お盆休みの1日を使って美ヶ原に行ってきました。美ヶ原は日本…

  2. 山と温泉

    長久手温泉 ござらっせは、リゾートっぽい大きな温泉だった

    長久手温泉 ござらっせは「2016年の温泉シールラリーゆらん」の参加温…

  3. 山と温泉

    秋葉山登山【1】 駐車場から標高500mまで

    秋葉山は、静岡県の西部地方にある標高866mの低山で、山頂には秋葉山本…

  4. 山と温泉

    桜ヶ池クアガーデンは、洋風の綺麗な建物にあるお風呂でした

    桜ヶ池クアガーデンは、富山県南砺市立野原にある天然温泉で「2016年の…

  5. 山と温泉

    川根温泉 ふれあいの泉は、まさに温泉って感じ、トーマス機関車も見れるかも(静岡県)

    川根温泉 ふれあいの泉ここは「温泉シールラリーゆらん」に参加してい…

  6. 山と温泉

    三重県、伊勢山上 飯福田寺で行者修行してきた

    伊勢山上 飯福田寺は「いぶだじ」と読むそう寺院ですが、この寺院には境内…

最近の記事

  1. 山と温泉

    黒岳・越前岳に登りましたPart.2:愛鷹山荘~黒岳
  2. ご飯系

    きらくのソースかつ丼、うまい、やすい、ボリュームあり、ソースかつ丼の見本です
  3. 見聞録

    防衛省を見学してきました(2)
  4. とみゆう伝

    ひだ流葉は、金曜日1日リフト券が1,000円の穴場スキー場
  5. 大台ケ原

    山と温泉

    大台ケ原は初心者でも安心、運動不足解消にも最適な山だった
PAGE TOP