山と温泉

金時山~足柄峠コースを林道ゲートから登りました

金太郎で有名な金時山に足柄峠の途中から登ってみました.

なぜ「途中」なのか? それは金時山~足柄峠のコースは3.7kmくらいあるらしいのですが、途中までは車で行けるレベルの林道なので、ガンガン入って行けるからです、入っていける距離は2kmちかくあるので根性なしの自分には最高なコース‼

林道ゲートまで行くと山頂までは距離にして大体1.7km前後の標高差は350m程度みたいです。

足柄峠から林道ゲート(標高850mくらい)

dsc_0057

林道ゲート前駐車場

dsc_0058

林道といってもかなり整備されていますから乗用車で余裕余裕、林道ゲート直前の駐車場は10台くらい停められますが、もう少し手前にも数カ所の駐車場があります、それら全部合わせれば20~30台は駐車できそう、車を止めたらゲート通って登山開始、ちなみに今は車が1台しか写ってないですが、明け方にとみゆう’が来た時には7~8台ありました。




猪鼻砦跡

dsc_0013

林道ゲートからテクテク歩いていくと20分くらいで猪鼻砦跡に到着しました

「猪鼻砦は、金時山から足柄峠方向へ下る尾根の最初のピークに位置しており、御殿場側から望見すると、ちょうど猪の鼻の先端部の形に見えるため「猪鼻砦」と名付けられたものと思われる。地蔵堂近くの古城跡「定山」から一の金王、二の金王、三の金王を登り詰めると当砦に至る。ここから、小山町新柴へと尾根道が続いており、猪鼻砦は金時山から足柄峠、「定山」から新柴へと続く尾根道を押さえる目的で築かれ、足柄城の南方を守備する砦として重視されていた、足柄城からは2.7kmの距離にある」との事

看板そろそろ書き換えの時期かもよ

足柄城と峠は、ほとんど同じ場所ですから、逆算すると山頂までは、ここからあと1kmくらいのハズ

猪鼻砦後の撮影ポイント

dsc_0015

猪鼻砦跡には、ベンチもあって景観もなかなかです、富士山に雪が積もっていたら、かなり良い感じかも、写真撮影にとてもいい場所と思います、たぶん夜景も結構よさげです

dsc_0019

猪鼻砦後は、足柄峠と金時山の時間的な中間地点という事になりますが、残りは1km程度しかないハズでも40分? ということは勾配がきつくなるということが予想されますね、ちなみに夕日の滝への分岐もここです。




登山道の始まり

dsc_0022

猪鼻砦跡の案内標識から想像すると、勾配がきつくなっていいハズなんですが、あいかわらずこんな感じの林道が続きます、どう見ても車が走ったあとがある林道です、勾配もユルユルで、楽勝‼ ただ、この林道は待っすぐ金時山に向かっているので、空を見上げると木々の合間から金時山が見えます、それも「ドーン」という感じで見えるので、「この先の山道はきついのかな~」とか、いやな想像が掻き立てられます。

dsc_0024

猪鼻砦から200~300mくらいと思うんですが、作業小屋っぽい建物発見、左手に登山道はじまりました。

dsc_0025

作業小屋と思っていたら山へ荷揚げの為の設備小屋みたいです? ここに標高1,000m標識が…って、残りの距離で200mも登るん?

dsc_0026

まだ、それほど急な感じはしませんが、登山道ぽくなってきました、なかなか整備された登山道で歩くのは快適です。

dsc_0028

金太郎さんがいらっしゃいます、ここから足柄峠まで60分ということは、逆算してあと20分くらいってことか?

dsc_0030

鳥居、ここからは神域なんですかね、おじゃまします~、快適なのはここまで…こっからかなりの急勾配です。

dsc_0032

写真だと急そうに見えないかもしれないけど、けっこうな急坂なんですよ、せめてもの救いは登山道が完璧に整備されていたことです、ほんとに階段と手すりに感謝感謝です。

dsc_0035

山道というより、階段ぽい道が続きます、ひたすら登る登る、急勾配で「息、はぁはぁ」「汗、ダクダク」やばいおっさん状態

dsc_0036

この階段をみると、ほとんど崖の上を通っていますよ、階段じゃなくてこれはすでに橋です。

このあたりはもう、道幅も狭くて人とのすれ違いが困難な箇所ばかり。山頂までこんな感じの道が続いてました、それと木が生えているので気が付きにくいですが、谷側はほぼ絶壁に近い角度です、落ちたら…高いところが苦手なとみゆう’、足がすくんでます。

dsc_0038

見晴らしのいい所からパチリ、下は見ないようにしています、富士山がキレイです、山頂へはこの場所から数分で着いた気が? ハァハァ

金時山山頂

dsc_0040

「かつては???形から猪鼻岳と呼ばれていましたが、源頼光の四天王の一人坂田の公時(きんとき)が、この山で山姥に育てられたという伝説から、江戸時代の後期には金時山とも呼ばれるようになったようです。山頂は県境、一市二町の境で金太郎の伝説をつたえる南足柄市、小山町、箱根町それぞれの市町村に向いて祠が他っています」との事

dsc_0052

山頂の写真は「金時山」で検索すれば、山のようにネットにあるので省略です、富士山と芦ノ湖に向かって眺望が開けていて、それを遮るものは一切ありません、すんばらしいぃ~~ でもハァハァ 朝早いので当然お茶屋もまだやってませんが、下山するまで10人以上とすれ違いしました。

山頂にあった周辺コースの看板

kintki-map

現在地から真上のコースをみて下さい、写真が小さくてわかりにくいですが、●から山頂まで40分となっています、たったこの距離で40分…どおりできついわけですな。

最初の林道を歩いているときには楽々が、最後の急勾配で汗ダクダク、早朝で涼しかったのが救いです、暑い日中には登りたくないコースでした。

あと、足柄峠~金時山コース、登山道自体は、整備もされていて迷うところもなく安心して歩けすが、下山するときは岩でできた階段が多いこともあり、それが濡れているとかなりすべります、傾斜がきついので、ズル!って行くとけっこう怖いですよ、要注意。

金時山の山頂からの眺めは素晴らしいのはもちろんですが、途中の登山道からも時々みえた富士山も印象的です、今度は富士山に雪が積もった春先の涼しいときににもう一度来たいと思いましたね。




金時山

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 山と温泉

    元旦の竜頭山に登山しくじりまくりで反省しました

    今年は初日を見よう!と12月31日に思い、静岡県西部の竜頭山(1351…

  2. 山と温泉

    富士山みた

    富士山を下からみたよ、まだ雪があったよ-WP練習記事&nbsp…

  3. 山と温泉

    かぐらの湯は遠いけど行く価値が十分ある温泉でした(長野県)

    遠山温泉かぐらの湯は、「温泉シールラリーゆらん」に参加している天然温泉…

  4. 山と温泉

    御胎内温泉は、富士山に来たら入浴していきたい温泉です。静岡県

    御胎内温泉(おたいないおんせん)は、温泉シールラリーゆらんNo88の日…

  5. 山と温泉

    山開き前の富士山登ってきました

    富士山に登ってきました、といっても静岡県側の富士宮口からでまだ山開き前…

  6. 山と温泉

    黒岳・越前岳に登りましたPart.2:愛鷹山荘~黒岳

    愛鷹山荘山神社から黒岳を向かう途中には、愛鷹山荘という山小屋件・避…

最近の記事

  1. 山と温泉

    御胎内温泉は、富士山に来たら入浴していきたい温泉です。静岡県
  2. ご飯系

    浜松の老舗うなぎ屋の清水家は、高い感じで品よくまとまっているうなぎが食べれた
  3. 宿帳

    ホテル・アルファ-ワン大津に泊りました
  4. 山と温泉

    大東温泉シートピアの外観は南国風、中はそうでもないかも
  5. 山と温泉

    天城山シャクナゲコース周回、三月はちょっと早かったかな
PAGE TOP