山と温泉

羽広温泉 みはらしの湯は、ほんとうに「みはらし」という言葉がピッタリの温泉だった!

羽広温泉 みはらしの湯は「2016年の温泉シールラリーゆらん」の参加温泉(106)です。

ゆらんによると

露天風呂から望む大自然の眺望。雄大な南アルプス。その山容を一望できる露天風呂が自慢です。バラエティに富んだ内湯やサウナでゆったりくつろいでいただけます。館内にはくつろぎスペースもご用意してあるのでゆったりとした時間をお過ごしいただけます。また同敷地内にある「みはらしファーム」で、農産物直売所での買い物や要予約で収穫体験も出来ます。

となっています。

見晴らしの湯では、景観も素晴らしかったですが、くつろぎスペースがかなり広いです、食堂の座敷席と兼ねてはいますが(もちろんテーブル席もある)たたみ○○○畳というのでは、ちょっと表現できない広さ、少なくとも座って休憩するというなら、食堂と合わせれて200人はいけそう、さらに休憩室はガラス張りで、遠くの南アルプスがよく見えます、「冬とかすごい景色なんだろうな」というのが容易に想像できますね。
とにかく、景観がすごいな~ という温泉でした。

DSC_0143

駐車場

温泉施設前は大体10台くらいですが、身障者用の駐車場です、みはらしの湯の駐車場は道路を挟んで向かい側で、ざっくり40~50台といったところです、敷地が大きいので他にも駐車場があるのかもしれません。

下駄箱

下駄箱は学校の扉なしタイプですね、大きくない、というか小さいのでブーツなんかは入らないですね

miharasi-01

入浴券と受付

入浴券は券売機で購入して受け付けに渡します。

脱衣場とロッカー

脱衣所はそんなに広くないですね、ロッカーは100円のリターン式ロッカーで大きさはプールロッカーと同程度、ロッカーよりも脱衣籠がとてもたくさんあり、結構つかわれていました。

洗い場

洗い場は全部で20席くらいと思います、仕切りのない銭湯タイプで大きさは普通かちょっと狭い感じがします、洗いにくいとは言いませんが、マナーを守って洗う必要があります。

お風呂

メインのお風呂は、L字のような感じで大小の2つに仕切られています、大きい部分は10名以上楽にはいれる大きさでジャグジーが兼用になっています、小さい方は3~4名ですが、低温になっていて、ちょうど体温と同じくらい、いつまでも入っていられそうです、というか、メインのほうは人が少なかったからかもしれないですが、熱くて入っていられないくらいでした、たまたま、そう感じてしまったからかもしれませんが、とにかく熱かったです。
内湯には、他に打たせ湯と寝湯タイプのジェットバス、サウナ、水風呂があります。

miharasi-naka

外にでると、屋根付き露天風呂があります、7~8人は入れそうなお風呂でした、ときどき「藻」が発生するみたいで、「体に害はありません」といった注意書きがありました、幸い今は藻のシーズンではないのか、とってもキレイなお湯ですが、シーズン中は水が茶色くなったりするらしいのであんまりきたくないかもwww

miharasi-soto

外湯からの景色は絶景です。
南アルプスが遠くに見えて、眼下には満開の桜が、かなりキレイなかんじでしたよ。
それにしても、この時期に(4月中旬)に桜が満開とは、さすがは標高900mとおもいした、また、冷たい風が火照ったからだに気持ちいいんですよ

休憩所・他

休憩所は広い、お風呂の規模、建物の規模、を考えると無駄と思えるほどに広いです、どう考えても一杯になるほど人は来ないと思います、土曜日の2時くらいだったんですが、休憩所に人は何十人かいましたが、休憩所が広すぎてガラガラ感がすごい、みんな、思い思いにゴロゴロしていました。
でも、お土産コーナーは、あんまり大きくなかったんで、物色するものが少なくて残念。

泉質(ゆらんより)

●泉質/単純温泉(弱アルカリ性低張性温泉)
●知覚的な特徴/ほとんど無色透明・無味無臭
●溶存物質/0.8026g/kg
●湧出量/233ℓ/分
●pH値/8.3
●源泉温度/38.3℃
●飲用/不可

お湯は無色透明でヌメリを感じます、匂いはちょっとわかりませんでした、味もないかな~、湯上り後はちょっと肌が張る感じがしますね、露天風呂がお湯が一番温泉のような感じがしました。

羽広温泉 みはらしの湯は、子連れでも大丈夫か?

羽広温泉 みはらしの湯を子連れで利用する場合、休憩室や食堂は文句なしいいと思います、ぶっちゃけ席を確保しておけば数時間子供を寝かせて大丈夫なくらい大きいからです、ではお風呂は?というと、ちょっと微妙かな、全体的にコンパクトなつくりと、主浴槽がかなり熱いので、これは子供には厳しいかもと思いました、低温湯なら問題ありませんが、3~4名が定員いっぱいなんで、いつまでもいるわけにはいきません、お風呂ではあまり遊べないので、体の汗を流すにとどめるって感じでしょうか。
羽広温泉 みはらしの湯は、子連れで休憩をするのに向いた温泉ですね。

入浴概要(ゆらんより)

●入館料/大人(中学生以上)600円 児童(小学生まで)300円 小学生未満は無料
●定休日/第1・第3・第5火曜日(祝日となった場合はその翌日)
●営業時間/10:00〜21:30(入館受付終了時間20:30)
●店舗住所/長野県伊那市西箕輪3480-1
●電話番号/0265-76-8760
●ホームページ/みはらしの湯


みはらしの湯

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 山と温泉

    水晶山温泉 満願成就の湯は、設備の行き届いた大きなお風呂のある温泉だった

    水晶山温泉 満願成就の湯は、長野県飯田市箱川にある天然温泉施設で「20…

  2. 山と温泉

    美ヶ原自然保護センター駐車場はけっこう穴場?

    今回お盆休みの1日を使って美ヶ原に行ってきました。美ヶ原は日本…

  3. 山と温泉

    本宮山(愛知県新城市)の登山道と駐車場のガイド

    本宮山は、愛知県新城市にある標高789mの山で、とてもしっかりしたハイ…

  4. 山と温泉

    アクアイグニス 片岡温泉は、かけ流し三昧の超綺麗なリゾート温泉でした(三重県)

    アクアイグニアクアイグニス 片岡温泉ここは、「温泉シールラリーゆら…

  5. 山と温泉

    天然温泉 めぐみの湯は、塩分のとても濃い温泉でした

    天然温泉 めぐみの湯ここは「温泉シールラーリーゆらん」に参加してい…

  6. 美ヶ原

    山と温泉

    美ヶ原ハイキング編

    今回に美ヶ原のハイキングコースは、自然保護センターを出発して、①王ヶ鼻…

最近の記事

  1. 消耗品

    ファスナーの滑りを良くするスムースライダー(モンベル)を使ってみた
  2. 見聞録

    琴引浜の「海の見える露天風呂」で秋に水遊び
  3. 宿帳

    飛騨高山温泉 臥龍の湯 臥龍の郷は、コスパに優れた日帰り温泉宿だった。
  4. 山と温泉

    さがら子生れ温泉、建物の割にお風呂がちょっと小さめでした(静岡県)
  5. 山と温泉

    恵那ラジウム温泉館は、なんともいえない雰囲気の温泉だった
PAGE TOP