なんぶの湯は、お風呂が大きい、のんびりしていきたい温泉でした。

スポンサーリンク
日帰り温泉

南部アルカディア温泉 ココロと身体の癒しの里 なんぶの湯は、山梨県南巨摩郡南部町内船にある公営の天然温泉で「2016年の温泉シールラリーゆらん」の参加温泉(129)です。

DSC_0138

女性にうれしい美肌効果を実感!!

「山合にポッとわいた一輪の湯花」趣の異なる6種類のお風呂が自慢。泉質は、pH10.3のアルカリ性単純温泉で、身体を芯から温め、角質を柔らかくし、肌の老廃物を洗い落とす美肌効果が抜群。湯上り後、140畳の大広間でゆったりした後は、ほぐし処で心と身体を癒しの空間で演出。
(ゆらん引用)

ということです。

実際行ってみた印象は、ゆらんの言っているとおり、そして大好きな「ヌルヌル系」、かなり「ヌルヌル」するので浸かっているだけで大満足の温泉です。
なんぶの湯は、主要道路から少しだけ入ったところにあったので、最初は少し心配だったんですが、現地に着くと、なんぶの湯は「かなり大きい施設」だったので安心しました。
今日の温泉巡りでは、最初の訪問地なのですが、「最後に来たかった…」というのがホンネ、とみゆう′的には高得点の温泉でした。

駐車場

駐車場は、100台くらいいけるかも感じです、他にも駐車場があるのかもしれないです。

浴場までのみちのり

① 鍵式の下駄箱に靴を預けます(鍵は自己管理)
② 受付で入浴料を払います
③ 脱衣所へGo

下駄箱は、まぁ普通の大きさなのでブーツとかは入りませんね、受付で入浴料を払うため券売機はありません。

DSC_0140

脱衣所

nanbu-01

100円リターン式ロッカーで、通常の正方形のロッカーと縦長のロッカーがあります、脱衣所自体は、まずまずの広さがあるかな、通路が広いので、混雑時の着替えなんかの時にちょっといいかも。




温泉はどう?

洗い場

仕切りの有る所とないところがあります、全部で20人席くらいあります、広さは普通ですね、シャンプーとボディーソープが備え付けてあります。

浴槽

nanbu-02

内湯:主浴槽はかなり大きくて、ちょっと詰めれば30人位一度に入れそうな感じです、それ以外に寝湯、ジャグジー、打たせ湯、サウナ、水風呂もあります、浴場はかなり広々した作りで「さすが公営」という感じ、「民営」だと、通路より浴槽のほうが広くて「ギチギチに詰めてある」といった感じがしますが、ここは通路が広々です。

外湯:屋根のある露天風呂が1つです、こちら、まぁまぁの大きさで10人程度なら問題なく入浴できそう。

休憩所・他

休憩所は1440畳あるそうで、とても大きな休憩室でした、余裕でゴロゴロできます、休憩室の横にお食事処「味彩」があります、ちゃんとテーブル席が用意されていますが、休憩所にもってきて食べている人もいました。
なんぶの湯は、夕方17:00を回ると入浴料が820円⇒510円になります、富士山の観光帰りに夕食もかねて…そんな感じで使いたいと思った、なんぶの湯でした。

nanbu-03

DSC_0139

泉質(ゆらんより)

●泉質/アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)
●知覚的な特徴/無色、微白濁、無臭、弱硫黄味
●溶存物質/0.213g/kg ●湧出量/141ℓ/分
●pH値/10.3 ●源泉温度/40.5℃
●飲用/不可

温泉のお湯の感じなんですが、ヌルヌル系です、温泉の匂いとかはあまりしなかったですね、色も透明のような感じなので見た目の温泉湯といった印象はありませんでした。

なんぶの湯は、子連れでも大丈夫か?

かなり良いと思います、浴室、脱衣所、休憩室が比較的大きいですから、街中によくある日帰り温泉施設よりも、気疲れすることなく一緒に入浴できるでしょう、お風呂上りには144畳の休憩所で周りを気にすることなく休息できそうです、子供を連れていたら、積極的に寄ってしまいそうな温泉です。

入浴概要(ゆらんより)

●入館料/大人(中学生以上)800円・17:00~500円 小人(4歳以上小学生以下)400円・17:00~300円
館内着500円 ※乳幼児、オムツ着用着の入浴はお断りしています。
●定休日/月曜日(祝・祭日の場合は翌日)
●営業時間/9:30~20:00(最終受付19:00)
●店舗住所/〒409-2305 山梨県南巨摩郡南部町内船8106-1
●電話番号/0556-64-2434
●ホームページ:南部アルカディア温泉 ココロと身体の癒しの里 なんぶの湯




[map addr=”山梨県南巨摩郡南部町内船8106-1″]南部アルカディア温泉 ココロと身体の癒しの里 なんぶの湯 [/map]

コメント

タイトルとURLをコピーしました