山と温泉

丹沢山(1567m)へ菩提峠からピストン、楽しかったけどキツかった

丹沢山⇔菩提峠(コース距離 16.3km)

丹沢山(1567m)は、山の高さはそこそこなんですが、巨大な山塊としてで百名山に登録されているそうです、巨大山塊だけあって登山コースがいたるところにあって高さ以上に大きさを感じました、今回、丹沢山へ菩提峠からピストンしました。

都会から近くて人気の山ということで、その多さにビックリ、老若男女いろんな人が登っていて、すれ違った人数は余裕で百人以上、とみゆう’地元の遠州の山とは雰囲気が全く違って楽しかったです。

菩提峠駐車場(760m)


朝7:00に到着、菩提峠駐車場は20台くらい駐車できそうな感じ、手前のヤビツ峠駐車場より広いと思ういますね、でも数台の空きしかなくて危なかった。

菩提峠-登山口

菩提峠からの登山道は二つにわかれていて最終的にまた合流します、左の杭のあるほうが、「日本武尊の足跡」を経由するルートです。

左の林道へ行っても途中から登山道へ入れます、整備された登山道ですが、深い林の中のなので二ノ塔まで眺望がホトンドありませんでした。

登山道としてみると整備はイマイチですが、途中、相模湾や秦野市を望める「日本武尊の足跡」のほうが楽しい感じです、ただし、日本武尊の足跡はビミョーかな。

二ノ塔(1144m)

登山道が合流するところに二ノ塔がありましたが、眺望はない感じ、休憩用のベンチが複数あります

三ノ塔(1204m)

三ノ塔はかなり広い


立派な避難小屋、景観が抜群で休憩用ベンチもけっこうな数があります、なによりも広いです100人くらい余裕で休憩できそう

ただ、これから登っていく登山道が見えてしまって、その遠さにがっくり・・・見えているのは塔ノ岳の尊仏山荘です、よく見ると手前に鳥尾山荘(1136m)が写ってます、写真では同じくらいの高さに見えますが、70mくらい下になります、手前は150m以上ありそうな谷でした・・・せっかく登ったのに

三ノ塔にあった看板より

丹沢の名称由来:「丹沢」のタンとは、塔を意味する古代朝鮮語で、沢も「小さな谷」や「谷」という意味らしいです、丹沢とは「塔だらけの地」といのこと

三ノ塔(1205m):所説あって、麓にある横尾集落から尾根に火をともすさい3番目だった。修験者の休憩場所として、一の所、二の所、三の所、と名付けたとこの、三ノトが転じた

塔の岳(1491m):かつては山頂に、孫仏岩(尊仏岩)と呼ばれる、高さ17mの大岩があって、山麓の人はこの岩を「お塔」と呼んで信仰の対象にしていましたが、関東大震災で谷に落ちてしまったそうです。

丹沢山(1567m):かつての丹沢は東丹沢の事でしたが、明治時代に陸軍が測量した際に、現在の山に一等三角点を設置して「丹沢山」の名を付けました。

鳥尾山荘(1136m)

今日はお休み?

山荘周辺は、とてもよく整備されていて、ベンチが複数あって三ノ塔なみの広さがありました。

鳥尾山荘~正次郎頭

今回のルートでは、三ノ塔から正次郎頭までが一番ハードだった感じです、鎖場や急な岩場もあり、登山道全体が登り降りの繰り返しと、けっこうハード

新大日茶屋(1342m-休業中)

見た感じ、かなり昔に営業を終了した雰囲気、この山荘から15分程度のとろに「木ノ又小屋」という営業中の山荘がありって、そちらは繁盛してました。

塔ノ岳(1490m)

広い山頂で見晴らしが抜群、晴れていれば富士山がきれいにみえるみたい、丹沢山頂はこの先ですが、一般的にはここがメインらしく、塔ノ岳を目指して登山し下山する人が多いらしいです。

尊仏山荘

ちょっとそとから覗いたら、「人だらけ」入るの諦めました、超人気の山荘みたい。

丹沢山(1567m)

塔ノ岳から2.6kmで丹沢山山頂です、50m下って100m上がるみたいな登山道を歩けば山頂、山頂から富士山が見えるらしいのですが、雲でまったく何も見えず

みやま山荘

塔ノ岳と比べて登山者が全然いないです、時刻はお昼直前、今日は雲が出ていることも関係するのかも、景観もとくにないような感じ、塔ノ岳が大盛況だったぶん、ちょっと拍子抜け

丹沢山の感想

雲が出ていて眺望は今一つでしたけど面白かった、特に二ノ塔→塔の谷までは、尾根で景色がよくて退屈しない山道、アップダウンが多く鎖場もあって、登っている時はキツイく思っていた以上に大変だけど、下山するとそれが印象に残っていい感じ、富士登山よりキツイ、でも面白い、次回は大倉⇔塔ノ岳を登りたいです。


 

MAP-菩提峠

菩提峠駐車場

 

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 山と温泉

    両神山に日向大谷ルート(表参道コース)から登山、けっこうキツイ山道だった

    埼玉県の100名山、両神山(1723m)に登ってきました、そんなに高く…

  2. 山と温泉

    ゆ~ゆうランド花椿は、山あいの里にある民芸調の造りが印象的な日帰り温泉でした

    ゆ~ゆうランド花椿は、富山県南砺市井口にある天然温泉で「2016年の温…

  3. 山と温泉

    大東温泉シートピアの外観は南国風、中はそうでもないかも

    大東温泉シートピアここは「温泉シールラリーゆらん」に参加している天…

  4. 山と温泉

    うるぎ温泉 こまどりの湯は、ちょっと穴場的な温泉、お風呂が沢山あるのがいい

    うるぎ温泉こまどりの湯は、「温泉シールラリーゆらん」の参加温泉で、ナン…

  5. 山と温泉

    飛騨金山温泉湯ったり館は、お風呂がたくさんある広い温泉でした。

    湯ったり館は、 岐阜県下呂市金山町金山にある天然温泉で「2016年の温…

  6. 山と温泉

    伊賀の国 大山田温泉 さるびの、ここは温泉以外も充実して「ローカルな道の駅」のような感じでした-三重…

    伊賀の国 大山田温泉 さるびの(そうぞうの森 さるびの)は、三重県にあ…

最近の記事

  1. 山と温泉

    ゆ~ゆうランド花椿は、山あいの里にある民芸調の造りが印象的な日帰り温泉でした
  2. 山と温泉

    四阿山に鳥居峠から登ってみた
  3. 山と温泉

    西里温泉浴場やませみの湯は、やすらぎの森の中にある小さな温泉でした。
  4. とみゆう伝

    バイクの自賠責保険をクレジットカード払いしてみた
  5. とみゆう伝

    DMM『見放題Chライト』は蜜の味、無料期間で己の限界を突破しろ! 
PAGE TOP