湯ノ島温泉浴場は、ちょっと秘湯っぽい感じのとこだった、夏川遊びに来たいとこ

スポンサーリンク
日帰り温泉

湯ノ島温泉-湯ノ島温泉浴場は、「温泉シールラリーゆらん」に参加している温泉で、ナンバー79番の日帰り温泉です。

ゆらんによると↓

静岡市を流れる安倍川の支流藁科川。その最上流部の奥藁科エリア大川地区に、湯ノ島温泉はあります。
ナトリウム炭酸水素水塩温泉の泉質は、お肌がスベスベになると評判、湯ノ島温泉に隣接する玄国茶屋では、手づくり料理や地元産品を販売しています。温泉でゆっくり身体をほぐした後は、山里のお母さんたちがつくる素朴で優しい味の数々をどうぞご賞味ください。

こんな感じの事が書いてあります。

実際に行ってみると、けっこうな山奥でちょっとした秘湯っぽい雰囲気、ちなみに湯ノ島温泉は静岡市が運営している市営の温泉です、と言っても建物は最近よくある公営の温泉に比べてかなり小規模で、建物内の雰囲気が温泉旅館ポイ雰囲気で、受付の人も公営っぽい感じ、いま気が付いたんだけど公営の田舎の温泉だと、ユニフォームがなくて、スタッフがみんな私服だよね、それゆえローカル感がパワーアップしていることが多い気がする

駐車場

建物横に10台くらい、建物から道を隔てた向こう側に20台以上停められる駐車場がありました、そんなに駐車場は多くない感じです

下駄箱と入浴券

下駄箱は普通の下駄箱で、本棚みたいな下駄箱です、入浴券はフロントで現金で買います。フロント横から階段で降りて浴場にむかいます。

ロッカーと脱衣場

100円のリターン式ロッカーです、脱衣所自体はそれほど広くありません、10人も脱衣してたら結構狭い感じと思います。

洗い場

銭湯タイプの仕切りのない横一列の洗い場です、ボディーソープ・シャンプーが備わっています。
洗い場も広くはありません、人が多いと気を遣うかも

お風呂(内2)

お風呂は6畳くらいのお風呂と2畳くらいのお風呂があり露天はありません、小さいお風呂は、地元っぽいご老人数名が、ほぼ占拠していたんで入浴できませんでした、大きなほうのお風呂は普通のお風呂です。

yushozima-furo

泉質(ゆらんより)

●泉質/ナトリウム炭酸水素塩温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
●知覚的な特徴/殆ど無色、透明、微炭酸味、無臭
●溶存物質/5.717g/kg ●湧出量/40.0ℓ/分
●pH値/8.2 ●源泉温度/25.2℃
●飲用/不可

お湯は、微炭酸味らしいですが、ちょっとわかりませんでしたね、味音痴なんで、お湯はスベスベしっとり系なのかな~、けっこう褒めている人も多いんだけど、とみゆう′としては普通の温泉の感じでした。

湯ノ島温泉-湯ノ島温泉浴場の感想

市街から結構な山道を走っていく山奥の温泉で、すれ違いができない箇所が何か所もあります、大きなお車だと運転に気を遣うかもしれないです、あおれゆえ、ここまで来たら寄ってもいいかなって感じで、この温泉だけ入りに来るのはちょっとその気が起きないかも、ただ、バーベキューや川遊びが、湯の山温泉浴場の目の前で出来そうなんで、その機会の時は100%寄りたいです。

yunosima05

湯ノ山温泉浴場は、子連れでも大丈夫か

う~んかなり小さい温泉なんで、「入浴する」という目的のみですね、浴室で「キャッキャする」というのは、そうとうヒンシュクを買うかも、子供を連れてちょっと遊び感覚で入るという温泉ではありません。
子連れで入っても汗をながすだけかな

湯ノ島温泉浴場

●入館料/大人(中学生以上)500円  小人(小学生以下)200円
●定休日/木曜日(祝日の場合は翌日)
●営業時間/9:30〜16:30(入場は16:00まで)
湯ノ島温泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました