山と温泉

天然温泉シールラリー「ゆらん」で温泉めぐり、ゆらんの本は温泉本としても使えます

天然温泉シールラリー「ゆらん」で温泉めぐり

yuran01天然温泉シールラーリー「ゆらん」(以降:ゆらん)は、天然温泉のスタンプラリーです(シール版)、このラリーは、「ゆらん」に参加している温泉に行くと1枚シールがもらえます(1箇所につき1枚のみ配布)そのシールをゆらんに付いている専用の台紙に貼って、シールラリー期間終了後にゆらん郵送します。

ゆらんでは、貼ってあるシールの枚数によって温泉番付を認定します、番付は入浴温泉3箇所の「温泉序ノ口」から、200箇所完全制覇の「温泉親方」まで11段階になっていて、42箇所制覇の「温泉十両」からは、申請すると全員に認定証とプレゼントが貰えるようになっています。

今年の温泉シールラリー期間は、「平成27年8月1日から平成28年6月30日迄」です。

ゆらんに参加温泉は、200施設19県!

ゆらんに参加している温泉は200施設あり19県にまたがっています、果たして11ヶ月でそんな沢山行けるのかな~と疑問に思いますが、中には行っちゃう人っているみたい、単純計算すると月に18箇所以上入浴しないといけないハズなので、1周間に4日は、ゆらんの日帰り温泉に入浴?家に風呂がないんか?というくらいのイキオイが必要ということがわかります、しかも全部違う温泉ですから、これにチャレンジしようと思う事自体「体力と根性と財力と時間」の全てがないと出来ません、もうこの時点ですごく羨ましいです。

真面目な話、私の過去の経験からですが、完全制覇(温泉親方になる)には、綿密に練った「ゆらんスケジュール」なるものをつくり、早めに実行しないと難しいと思います。

私も「ゆらん」には過去数回参加しているんですが・・・

ゆらんの温泉がまだ130施設くらいの頃に(すごく前だね)数年間参加した事があるんですが、一番多かった年で50施設行けなかったです、一度「湯巡りだ~」と、温泉めぐりをしたんですが、4軒目くらいからフラフラで5軒目で完全にギブアップ、たぶん湯あたり?

この時に思ったのが、「こういう急いだ入り方しても楽しくないな~」と言うことでした、「朝一風呂と夕食前一風呂づつ」くらいが自分にはあっていそうな感じです。

ゆらんは、普通の温泉本としてもかなり使える

yuran02ゆらんは、温泉シールラリーの為の本ですが、日帰り温泉の紹介本としてもかなり使えます。

「るるぶ」とか「まっぷる」とか、日帰り温泉の紹介本はいろいろありますが、どれにも温泉が沢山載っていて便利なんですが、ただ、紹介されるスペースが温泉ごとかなり違いますよね。

「関東地方周辺、日帰り温泉○○○○湯」というような本だと、すごくたくさんの温泉が載っているので、温泉の紹介スペースが名刺ぐらいの大きさの場合もありますし、すごく小さい字で必要最小限の紹介しかされていない事もあります、記事だけみると「きっと大したことないんだろう…」と勝手に想像してしまい時も多かったです。

その点、ゆらんは加盟温泉だけですが、最低でもA4の半分のサイズで温泉が紹介されています、200温泉あって、ゆらんのページ数が214ページですからね、食事の写真を掲載している温泉も多いので温泉+昼食といった時の参考になります、ちょっと山奥の日帰り温泉の周りには、お店がとても少ないってところもあります。

yuran03ゆらん自体も1冊400円という低価格も魅力、その割にはしかっりしている本だと思いますから購入して本が高いと思う人はいないと思います。

とみゆうも、温泉シールラーリーとしては使ってなかったんですが、ほぼ毎年、日帰り温泉本としては買ってました。

ゆらんは、加盟温泉なら受付で売っていることが多いですから、一度中を見せてもらうといいと思います、温泉好きなら高いと感じないと思いますよ。

ただ、本が大きいので、とみゆうの温泉グッツ入れには曲げないと入りません、ときどき「でかいな~邪魔だなぁ~」と思うことはあります…

「ゆらん」に向いているお住まい

ゆらんの、日帰り温泉シールラリー参加温泉施設の場所をよ~くみてみると、とても有利な場所があることに気が付くかもしれません、とみゆうが思う「いいな~」と思うのはコチラです。

1位:愛知県(名古屋を中心に豊田市から一宮市あたりまで)

東西南北にそれぞれ温泉があって交通も便もよさげ、岐阜県43、愛知県19、三重県11、全部で73軒を狙えますから温泉横綱狙えます、長野県の飯田市近郊あたりの温泉も射程圏内のハズなので、入りすぎで湯あたりに注意か!

2位:石川県(金沢市周辺)

北陸は全体的に各県温泉があって比較的まとまっている感じがします、高速道路や主要幹線道路から近い所も多いですね、富山県14、石川県11、福井県19、の44軒は制覇できそうなので温泉十両は確実、東海北陸道で岐阜の温泉に遠征すれば一気に入浴先も増やせそう、温泉横綱も夢ではなさそうです。

72軒制覇で「温泉横綱」になるとプレ~ミアムな会員になれる権利が獲得できますから、名古屋に住んでいる人なら、そんなに無理なくチャンスありそうですね、静岡県西部在中のとみゆうは、どっちかというと少し不利な感じがいなめません、なんか地元の温泉ぜんぜんないですし…、でも関西方面に行く用事も多いので、今年は横綱挑戦してみるつもり、あくまでつもりです。

以上 温泉シールラリーゆらんのご紹介でした。

ゆらん公式サイト

 

 

ピックアップ記事

  1. 山開き前の富士山登ってきました

関連記事

  1. 山と温泉

    天城山シャクナゲコース周回、三月はちょっと早かったかな

    天城山は伊豆半島中央の東西に連なる山々の総称なので天城山という山はない…

  2. 山と温泉

    三重県、伊勢山上 飯福田寺で行者修行してきた

    伊勢山上 飯福田寺は「いぶだじ」と読むそう寺院ですが、この寺院には境内…

  3. 山と温泉

    くしはら温泉 ささゆりの湯は、オートキャンプに最適、近くに来たら寄ってもいいかな?

    くしはら温泉 ささゆりの湯は、「温泉シールラリーゆらん」に参加している…

  4. 山と温泉

    鳳来寺の石段1,425段、ゆっくり登ってきました④(愛知県)

    鳳来寺仁王門現存する仁王門は慶安4年(1651)に再建された、三間…

  5. 山と温泉

    守山天然温泉ほたるの湯は、綺麗だし立地もいいので、寄り易い温泉です

    守山天然温泉ほたるの湯は「温泉シールラリーゆらん」に参加している天然温…

  6. 山と温泉

    賤ヶ岳のハイキング

    賤ヶ岳は、滋賀県長浜市にある標高421mの低山、山の北側に余呉湖、南側…

最近の記事

  1. とみゆう伝

    ひだ流葉は、金曜日1日リフト券が1,000円の穴場スキー場
  2. コンタクト関連

    オプティ・フリー プラス6本パックをAmazonで買いました
  3. ご飯系

    紀州梅干 梅本本舗の福梅お試しセットは試す価値あり その2
  4. 山と温泉

    安八温泉は、いかにも地元用のローカルな温泉だった、入浴料は激安300円
  5. 山と温泉

    くろば温泉は、露天風呂からの眺めがいい温泉でした。
PAGE TOP